自宅に居ながら終活相談。不動産相談OK。

相続不動産女性社長日記 #005

目次

なぜ相続問題に取り組んでいるのか?

本日は朝から笑顔相続道の講義で頭がパンクしそうな一日。
4月から弊社でも開催する予定にしている、
エンディングノートの書き方セミナーの実例を見て、

家族仲が悪い人は本当に書きにくいなー!

としみじみしておりました。
正直いって、親兄弟に葬式に来てほしいと全く思わないし、
自分の葬式なんて密葬でも構わないレベルな感覚。
でも、きっとあたしが相続問題に取り組んでいるのは、

幸せな家族を誰よりも望んでいるから。

一番下の弟なんか20年近く会っておりませんが、
自分がこれを取り組むことで、
生きてるうちに自分の負の感情が手放せたらいいと思ってます。

エンディングノートの効能

エンディングノートって聞くと「縁起が悪い」
と思う方もいらっしゃるかと思いますが、うちの先生曰く
「ご縁が続く」=エンディング
だそうで、本当に資産という
「円を続けたい」ならコレは活用して華丸かと思います。

これをやる効果としては、
1 自分史
2 家族への連絡帳
3 家族とのコミュニケーションツール
こんなことに活用していただけるノートになってますが、

資産ってなにも銭や円で換算されるものばかりでもなく、
思い出だったり、一子相伝の技??
であるかもしれません。
※おばあちゃんの○○料理のレシピは合ったら嬉しいかも。

うちは相続税を払うような財産はないから!

ないから、相続が揉めないのとは全く違いますので、

特に、結婚してるけどお子様がいないご家庭。
前の配偶者との間に子供がいる。
結婚はしていない。

こんな方々はエンディングノートを書いておくことお勧めします。

死ぬときに後悔すること

前夫の義父をホスピスで見送った記憶がありますが、
人間らしく尊厳死をしていくには家族の理解が不可欠。
そう思っています。
義父と前夫は生前仲たがいをしていたのですが、
亡くなる直前に引き合わせてあげられることができたのは、
嫁として一番いい仕事したのではないかと思っています。

下記に緩和医療医の先生の著書からの後悔すること25。
あげてみますのでいくつ該当するか、心で数えてみてください。

緩和医療医 大津秀一著「死ぬときに後悔する25」より

①健康を大切にしなかったこと
②たばこを止めなかったこと
③生前の意思を示さなかったこと
④治療の意味を見失ってしまったこと
⑤自分のやりたいことをやらなかったこと
⑥夢をかなえられなかったこと
⑦悪事に手を染めたこと
⑧感情に振り回された一生を過ごしたこと
⑨他人に優しくなかったこと
⑩自分が一番と信じて疑わなかったこと
⑪遺産をどうするか決めなかったこと
⑫自分の葬儀を考えなかったこと
⑬故郷に帰らなかったこと
⑭美味しいものを食べておかなかったこと
⑮仕事ばかりで趣味に時間を割かなかったこと
⑯行きたい場所に旅行をしなかったこと
⑰会いたい人に会っておかなかったこと
⑱記憶に残る恋愛をしなかったこと
⑲結婚をしなかったこと
⑳子供を育てなかったこと
21子供を結婚させなかったこと
22自分の生きた証を残さなかったこと
23生と死の問題を乗り越えられなかったこと
24神仏の教えを知らなかったこと
25愛する人に「ありがとう」と伝えなかったこと

さて、あなたはいくつ当てはまりましたか?



相続診断致します

つっこみどころ満載すぎて見返すたびに青くなりますが、
家族仲がぐちゃぐちゃで、何十年も親兄弟に会ってない。
そんなあたしだからこそ!
お客様のどんな悩みにも寄り添える自信があります。

でもね、本当にずっと幸せな家族とか家庭に憧れてたんです。

だから、自分の友人や大切な人には、
人生をハッピーに♪
過ごしてもらえるように、家庭が円満であってほしいのです。
そんなお手伝いを真心こめてやってますので、
安心してご相談いただけたら嬉しいです。

お問合せはこちらから

適切な受付対応の為、ご相談内容にチェックをお願いします。 お急ぎの方はお電話頂けますようお願いします

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

高田デザインスタジオ 代表の稲場です。不動産相続に強いコンサルタントです。大切なご自宅やご実家の相続のことならお気軽にお問い合わせください。ご相談はもちろん秘密厳守。東京オフィスで「新潟・長野・富山」にある不動産売却や相続の相談が可能です。もちろん、ZOOMやLINE等でのご相談もできますのでご予約下さい。

目次
閉じる